ブログ

子供の足と靴選び

こんにちは。keikoです。

梅雨のような毎日の雨ですね。

昨日、息子を連れて渋谷の東急百貨店で開かれていた「キッズ足型測定会」に行ってきました。

これまでにも、デパートの靴売り場にシューフィッターさんなど足のサイズを測ってくれて、アドバイスをしてくださる方がいらっしゃる事が多いので、ファーストシューズを買うときや、そろそろ新しい靴が必要かな?と思ったときはデパートに入っている子供靴専門店に行き、サイズを測ってもらったりしていたのですが、
今回は足をスキャンして足のサイズだけではなく、どこに体重がかかっているかなども測ってもらいました。

「近頃の子どもは昔に比べて・・・」
というフレーズをよく聞きますが、そのうちの1つが「足に障害を抱えている子が増えた」ということ。
その原因の1つが靴にあります。

子ども用品店やブランドショップに行くとデザインの可愛い靴や、おしゃれなのに可愛い靴など大人の靴並みに種類があります。
子どもに可愛い服や靴は着せたい履かせたい、すぐに小さくなるから安いものでいい・・・という気持ちもとってもわかります。
我が家の息子の場合、保育園で履く外靴、室内用の靴、そして自宅用の外靴・・・と、常に同じサイズのものを3足用意しなくてはいけなく、1足4~5000円の靴は正直大きな出費です。特に今は育ち盛り。1サイズが3ヵ月持たないこともあります(;_;)

しかし。
足に合わない靴を履くことで、外反母趾や偏平足をはじめとする色々な健康被害が大人になって出てくるだけでなく、
子どものうちからも様々な影響が出てきます。

NPOオーソティックスソサエティーという団体が、千葉県の幼稚園に通う子どもたち293人を対象に、足のサイズや指の変形、足裏の接地の具合を調べたデータでは、子どもたちの47%の足に「浮き指(うきゆび)」(足の指が地面につかない状態)が、70%に「内反小趾(ないはんしょうし)」(小指が内側に曲がる状態)が見られました。
それだけではなく、子どもたちの4%が、中高年の足のトラブルと思われていた「外反母趾(がいはんぼし)」を抱えている事がわかりました。

また、子どもの足の成長にはかけっこや鬼ごっこなど足を使った外遊びも大事です。

おもいっきり走ったり登ったり飛んだりするために足にあった靴を履かせてあげること、デザインや値段ではなく子どもの将来の健康のために必要な靴を履かせることが親の責任だと思います。

以下に幾つか子どもの足の成長や正しい靴選びなどの参考になるサイトのURLを貼ります。
よっかたらこちらから詳しい情報を御覧ください↓↓↓

asics近頃の子どもたち→http://www.asics.com/jp/ja-jp/kids/kids-physiology-today
MoonStar子供の足のための知識→http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/knowledge.html
足型計測用紙→http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/pdf/measure_kids.pdf
All About子どものに良い靴を与えてますか?→http://allabout.co.jp/gm/gc/197638/
足と靴と健康協議会→http://fha.gr.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る