ブログ

貝殻で遊びながら覚えよう、アルファベット。

皆様、こんにちは :) スタイルナチュラNZ店長のTomokoです。

日本列島、連日広範囲で30℃を超える真夏の暑さとなっていて、梅雨明けもすぐそこですね。

今日はpre-kpages.comよりビーチで集めた貝殻を使いアルファベットを覚えていく遊びを紹介します。 小さな子供たちにとって毎日の遊びが学びの場。 楽しい時間、記憶が好奇心を大きく育て、脳が色々な事をスポンジのように吸収していきます。
ポスターや本などの市販の教材よりも、自分たち集めた貝殻でママと一緒に遊ぶ事でもっと興味を持ち、楽しみながら文字を覚えて行きます。 ABCだけでなく、ひらがな、カタカナ、絵合わせゲームも、アイディア次第で色々とできる遊びです。

Digging-for-Alphabet-Shells

貝殻で遊びながら覚えよう、アルファベット

学ぶスキル:
• 名前から文字を覚える
• 音から文字を認識する
• 名前、文字のつづりを覚える
• 文字をABC、あいうえお順を覚える
• 大文字、小文字をマッチする
• 貝殻の数を数える
• 砂を掘ったり、すくったり、かけたりしながら、運動能力の発達につなげる

Digging-for-Alphabet-Shells-FB

使うもの:
• 遊び用の砂
• 貝殻
• 油性ペン
• シャベル、スコップ

準備:
1. 貝殻にアルファベットをかく。 大文字ABC、小文字abc、の2パターンを作りました。これによりA=aといったアルファベット合わせゲームができます。 また名前に使う重複している文字があるので同じ文字を幾つか作る事も忘れずに。 例:Hinata(a 2つ)、Mum(m 2つ)、Daddy(d 3つ)
2. 砂を好みの大きさの入れ物やトレーにいれる。
3. 貝殻を砂の中に埋める。

Digging-for-Alphabet-Shells-Collage

貝殻を埋めて準備ができたらスタート。子供たちに指やスコップを使い貝殻をみつけるようにガイドします。
「すごいね、Bがみつかったね。じゃあ小さいbはどこかな?」 「ひらがなの”あ”だね。カタカナの”ア”はどこだろ?」 「自分の名前の貝殻をみつけられるかな?」 「、と 、を並べたらあめができたね。」 「全部で何枚の貝殻があるかな?」 「あいうえお順にみつけた貝殻を並べてみよう。」などなどアイディア次第で沢山の遊びができます。 何も言わないで子供の想像力にまかせて見守るのも面白いですよ。

 

参照;画像元
http://www.pre-kpages.com/ocean-theme-alphabet-shells-sensory-bin/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る