ブログ

赤ちゃん連れお出かけ情報~番外編・木更津~

こんにちは。keikoです。

週末は暑かったですね^^;
5月でこの暑さで、夏本番は大丈夫だろうか・・・と言うくらい暑さで弱ってました。
私が。笑
1歳半の息子は暑さなんて気にせずいつも通り元気いっぱい。
ママって本当に体力勝負なんだ!!と、改めて実感しました。

さて、今日は番外編のお出かけ情報を。
いつも表参道や渋谷周辺の情報でしたが、今回は今が”旬”の大人も子ども楽しめるお出かけ先情報をお伝えしたいと思います!

それは・・・

潮干狩り!!

潮が引いた海での貝拾いは、お砂場感覚で遊べて、浅い海でぴちゃぴちゃできて、大人も子どもを見ながらでも収穫の楽しみを味わえ、そして家に帰って貝の味も楽しめる。という、一石二鳥をはるかに超えるお得感!

今回は都心から車で1時間弱で行ける、千葉県・木更津に潮干狩りに行ってきました!
木更津海岸 中の島公園

ここからは木更津海岸中の島公園の潮干狩り情報です↓↓

H27年の潮干狩りの期間は3月21日(土)~8月30日(日)。
*潮の満ち引きによっては潮干狩りができない日があるのでご注意下さい!

我が家は先週の土曜日に行き、7時~11時の間で潮干狩りができる日だったので、7時の開始時間にあわせて行きました。
結局、この日は潮の引きが遅くゲートが開いたのは7時半ごろでした。

着替えとお砂場セットぐらいしか持って行かなかったのですが、
潮干狩りに使う熊手は100円でレンタルでき、また採った貝を入れる網は1枚200円で購入出来ました。
持ち物少なく行けるのは子連れにとって良いことですよね!

周りの他のお客さんは、何度も潮干狩りに来ている方が多かったようで、
日除け用のテントや、バケツ、クーラーボックス、そしてなんとソリ!を持参してるご家族が多かったです。

ソリってあのソリです。
雪の上を滑るソリ。
プラスチックのソリに紐が付いているあれです。

snowbord
*画像は楽天さんから拝借しました。

これはさすがだな~と思いました。
子どもが疲れても乗せて引っ張れるし、貝をたくさんとって重くなっても乗せて引っ張れる。

お家にソリがある方、潮干狩りに行くときはぜひ持参してください!

話はそれましたが、我が家の1歳半の息子はだいたい1時間位砂ほったり、ビシャビシャしたり、貝を入れたバケツを引っくり返したり・・・、と遊び、飽きた~とぐずって早々と切り上げました笑

潮干狩り場には何度でも出入り自由ですが、もう1時間で3人共十分だったので、チケットと計量した貝を交換して潮干狩り終了でした。

大人1人1600円の入場料に貝2キロまで無料で持ち帰れますが、
我が家は大人2人で2キロでした。^^;
それでも十分な量があり、発泡スチロール(500円)と保冷剤(150円)を購入して真水で洗った貝を持ち帰りました。また、2リットルペットボトルをもらって砂抜き用の海水を無料でお持ち帰り。

足洗い用(無料)の水で大人は十分綺麗になりましたが、全身ビショビショ&ドロドロの息子は3分100円の温水シャワーで綺麗に洗いました。
大人は無料の更衣室で、息子はお空の下で着替えさっぱり。

その他の施設として、大人200円、子ども(4歳以上)100円で休憩室が使えるので、大人が複数の場合飽きた子どもをここで休ませながら、残りの大人で貝拾いを続けることも可能です笑

貝は大人1人2キロまで入浜料に含まれ、持ち帰りが無料ですが、1キロオーバーごとに800円払えばいくらでも持ち帰れます!

その他の詳しい情報はこちらからどうぞ(^^)→木更津海岸 中の島公園

9時には車に乗って潮干狩り場を後にしました。笑
その後は木更津のアウトレットや少し離れていますがマザー牧場に行くのもオススメです!

途中でコンビニで氷を買って発泡スチロールに追加投入して、ちなみに1日遊んで持ち帰った貝は、スーパーで売られている貝とは比べ物にならないほど元気で、

ボールに移して砂抜き用の塩水を入れた途端・・・
動き始めました!そして、水を飛ばしまくる!
見たことないほどの貝の活発さに10分ほど観察してしまうほどでした笑

shell
気持ち悪いぐらい元気!

ちなみにほぼあさり。
たまにムール貝みたいなものとはまぐりです。

いーっぱい楽しめました(^^)
涼しい朝の時間に潮が引く日、潮干狩りに出かけて見られてはどうでしょうか??

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る