ブログ

ココナッツの効能&あま~から手作り ココナッツチップスのレシピ

皆様、こんにちは。 スタイルナチュラのTomokoです。

4月になり、ニュージーランドの学校は今日から2週間半のイースター秋休みに入りました。 だんだん風は冷たくなってきているけれど ここ2,3日は青空広がるお天気なので、もう少しの間ビーチでの時間を楽しめそうです♪

nzbeach

ママクッキーの成分の一つであるココナッツオイル、いろいろな国でブームがはじまり暫くたちますがまだ大人気なようですね。 私はニュージーランドの日本より8倍強いといわれている紫外線+合わないクレンジングクリームで肌がボロボロになってしまいました。 いろいろなクリームやクレンジングを試してみてもどうも本調子でない肌でしたが、ある日ふと思いついて食用に使っていたピュアコールドプレス、ココナッツオイルでクレンジングをしてみたら肌のつっぱり感がなくその後以前のような乾燥肌に悩まされる事がなくなりました : ) クレンジングや保湿にとても重宝しています。 日本でも紫外線が強くなるこれからの季節、ココナッツオイルが大活躍しそうですね。

今日はスタイルナチュラから発売中のママクッキーにも使われているココナッツオイルの効能と手作りココナッツチップスについて。 wholelifestylenutrition.com からココナッツの素晴らしさ&家族みんなで楽しめるお手軽グルテンフリーレシピを紹介します。

ココナッツの素晴らしさ by Janice Strand

私の無類のココナッツ好きにはしばし家族もあきれています。ココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツバター、ココナッツ粉、ココナッツウォーターにココナッツチップス、、、とにかくココナッツが大好きなのです。とても身体に良いので食べ物や保湿クリームで毎日ココナッツを使っています。
私は家族の健康上の問題で穀物類やポテトを食べなくなってからというもの、ポテトチップスやクラッカー、ピーナッツやM&Mなどのことは頭の片隅に追いやるようになりました。 そして思いついたのが手軽に作れてヘルシーなココナッツの甘辛チップスです。甘さと辛さのコンビネーションのとりこにならない人はいますか?ココナッツの天然の甘さ&シーソルトのコンビがとても美味しく、また沢山の効能があるココナッツからのナチュラルな栄養が摂れるのです。 まずはココナッツの効能を紹介しますね。

なぜココナッツは体に良いのでしょう?

ココナッツ、椰子の木は健康維持に役立つ沢山の効能があり、世界で一番重要な種実類とされていて「生命の木」とも呼ばれています。

  •  ファイバー、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含み栄養価がとても高いのが特徴。
  •  飽和脂肪酸を多く含むため酸化安定性が高く、熱に強いので料理に使用するとよい。
  •  ココナッツオイルは体内に取り込むとすぐに肝臓に運ばれ、エネルギーに分解される「中鎖脂肪酸」のためエネルギーになりやすく、体脂肪として蓄積されにくいオイルで痩せるオイルともいわれています。私は朝の運動前に小さじ2杯のココナッツオイルを摂りエネルギーにしています。2009年に発表された研究では、1日30mlのココナッツオイルを12週間摂取した女性は太らなかった上に、痩せにくい腹部の脂肪が減ったという結果が出ています。
  • カルシウムとマグネシウムの吸収率を高める効果があり、歯や骨を強化することができます。骨粗しょう症予防にも。
  • ココナッツに豊富に含まれる母乳成分ラウリン酸が免疫力を高め、強い抗菌,抗酸化作用がある。

なぜココナッツは肌にも良いのでしょう?

ココナッツオイルには肌に良い効果をもたらせてくれるラウリン酸とビタミンEが豊富に含まれており、美容に適したオイルだと言われています。ラウリン酸は、臨床実験で湿疹や水虫、カンジダなどの菌が原因となる肌トラブルの予防に有効であることが証明されています。
ビタミンEは、「若返りのビタミン」と呼ばれ、老化を促進する肌や体の酸化を防ぎ、美肌効果や血行の促進を促します。シミやくすみも防ぐ効果もあるということで、スキンケアに非常に重要な役割を担います。

スキンケアに有効なココナッツオイルの効果的な使い方をご紹介します。

1.保湿として
保湿として–朝晩の洗顔後、化粧水や乳液に1~2滴のココナッツオイルをまぜてお肌に塗ります。肌が柔らかくなり化粧水の浸透や保湿力を高めます。リップバームとしても。

2.メイク落としに
サラっとしたココナッツオイルは、メイク落としにも最適です。洗顔前にココナッツオイルをお顔に載せ、ポイントメイク落とし、全体のメイク落としに使用します。その後ぬるま湯でゆすぐか、温かい蒸しタオルでふき取ります。

3.マッサージオイルとして
肌に元気がない時や、アンチエイジングのための習慣としてココナッツオイルを使ったマッサージがお勧めです。オイルを使ってマッサージを行うことで、肌への摩擦が軽減されるとともに、オイルの栄養分が肌に浸透し、肌を健やかにします。

4.ボディ・頭皮ケアに
サラッとしたココナッツオイルは、体の保湿や頭皮ケアに最適です。脂肪酸を含むココナッツオイルは肌と同じく、髪の保湿にもバッチリ。コンディショナーとして使用すれば、カイネチンなどの成長因子は抗老化を発揮し、健康でツヤある髪に導びきます。毛穴に詰まった頭皮の汚れや皮脂を定期的にクレンジングすることで、頭皮を健康にし、薄毛や抜け毛を防止する効果があります。また、ボディケアとしては、すぐれた保湿効果や抗菌作用により妊娠線を防止したり、虫刺されへの効果があります。

5.日焼け止め、日焼けオイルとして
ココナッツオイルを皮膚に塗ることで、日焼けを予防し、また、皮膚がんを予防します。日焼け止めクリームとは違い、天然のエキストラ・バージン・ココナッツオイルは、ビタミンDを合成するUVBを完全にブロックするわけではありませんから、必要なビタミンDを吸収できます。また、日差しを浴びすぎることによる皮膚の下部組織のダメージを防ぎ、皮膚を保護してくれます。ココナッツオイルを使うと日焼けによる皮膚の炎症を防ぎ、淡褐色に日焼けします。またココナッツオイルを使うことで皮膚を丈夫にし、皮膚自体が日差しに強くなり、日光皮膚炎を起こしにくくなります。ただし、加水分解されたものや何等かの処理が加えられたココナッツオイルは使用しない方がよいでしょう。ピュアココナッツオイルがベストです。

6.アンチエイジングとして
健康な脂肪や組織をダメージから守ってくれる抗酸化成分が含まれるため、アンチエイジングが気になる方に。

Sweet~N~Salty Coconut Chips / あまから ココナッツチップス レシピ

Sweet-N-Salty-Coconut-Chips3

材料
1/4 cup  オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル
3 cups  オーガニックココナッツフレーク
1/2 teaspoon  シーソルト お好みで

作り方

  1. オーブンを300度で余熱する。
  2. 天板にココナッツオイルをひく。
  3. ココナッツフレークと塩を混ぜ合わせる。
  4. 焦げやすいので目を離さないように気をつけ、時々取り出しかき混ぜながらきつね色になるまで8-9分ベイクする。
  5. ペーパータオルにとりだして出来上がり!

あなたのおすすめのココナッツの使い方は何ですか?体の内外から沢山のいろいろな使い方でココナッツを試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る