ブログ

偽物エルゴベビーにご注意を!

こんにちは!keikoです。

今日はお出かけ情報はお休みして、こんな話題を。

先々週、ある新聞に多くのママが愛用している抱っこ紐「エルゴベビー」の偽造品に注意の記事が載せられていました。

以下新聞記事より。
「ダッドウェイ(エルゴベビーの国内代理店)が外部に依頼した調査では国内のネット上の非正規取扱店で購入した25点のうち、14点が偽造品。」

なんと、非正規取扱店で売られていたエルゴベビー(以下、エルゴ)の半数以上が偽物だったそうです!

エルゴのホームページでも注意喚起が出されてました。→詳しくはこちらから。
恥ずかしながら…実は我が家もエルゴを愛用中。そして、初代エルゴは偽物でした。

新生児期から4カ月頃まではベビービョルンを使用していましたが、息子が6キロを超えたあたりから買い替えを検討し、デパートで色んな抱っこ紐を試着して、さらに店員さんからのオススメもあってエルゴに決めたのですが、同じ物でもネットの方が安いという考えから、実店舗では買わず某アメリカ大手のネット通販サイトに出店していた非正規店で購入しました。

初代エルゴはギャラクシーというグレー生地に星の付いた物で、なんと破格の7000円。
ここで怪しいと気づくべきでしたが、何も疑うことなく届いてすぐに使用を開始しました。

異変に気付いたのは使い始めて3日目くらいでしたでしょうか。
腰紐が折れ曲がってしまい、なんだか不安定な感じになってしまったのです。
さらに、使い続けるうちに肩紐のクッションがどんどん薄くなり、かなり肩に負担がかかり、肩凝りがひどくなりました。

それでも、息子が成長しているせいかな…なんて、深く考えていませんでした。

使い始めてから3ヶ月くらい経った時、ママ友と会ったら偶然彼女もエルゴのギャラクシーデザインを使用しており、明らかに彼女の物と私の物が違っていたので、比べさせてもらいました。

すると、フードの色が違う、エルゴのロゴマークが違う、飾りの星のマークの位置が違う、肩のクッションの分厚さとクッションが入っているところが違う…と、全く違うことが発覚。

デザインの問題より機能があまりに劣っており、体への負担がかなりかかることから、すぐに正規取扱店の実店舗で新しいものを購入しました。
無駄な出費になりましたが、いい勉強にもなりました…。

新しいエルゴはギャラクシーではなくクォーツというデザインの物を買ったので、正確な比較にはなりませんが、友達のギャラクシーと比較したものと一緒に、写真を載せます。

ergobaby1

最初に気になったのが、抱っこ紐のお腹に縫い付けてある注意書き。注意という英語、warningsが“wamings”という誤字でした。アメリカのブランドで英語の綴りを間違うだろうか…と、不思議に思ったのですがそのままにしてしまいました。

ergobaby4
友達のギャラクシーとフードカバーを比較。色もデザインも違います。(手前が偽物、奥が本物)

ergobaby3

黒い方が新しい本物エルゴ。初代エルゴは腰紐ががかなりくたっとしてます。

ergobaby2

肩紐もかなりクッションの厚さやクッションが入っている場所が違います。

日本の抱っこ紐シェアのうち5割がエルゴだそうです。今エルゴ使用中で、非正規店で購入された方、噂より体に負担がかかるな〜って思ったら、もしかしたら偽物かもしれません!
偽物の場合、安全面でも信用できないそうなので一度確かめてはいかがでしょうか?

本物か偽物か見分ける方法はここにあります。
これからエルゴの購入を検討される方、要ご注意を‼︎

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る